categories

同人誌通販

DL.Site様

DiGiket様

DMM様

DLSite ENGLISH

        
--------------------
お問い合わせは
kimiyoshi★ih.moo.jp
(★を@に)まで
--------------------


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

archives

ハワイ

0

    今更ですが、春休みの休暇のことを少々。
    なんとなく、お気づきだと思いますが、私、ハワイとか全然興味のないタイプで、よく僻地とかタイやカリブ海に行くのですが、今回とうとう家族からの不満噴出!

     

    一度くらいハワイに行きたい! と。
    母にいたっては、死ぬまでに一度ハワイに行きたいと…。

     

    唯一父だけは、わしはハワイやったら行かん、キューバが良いと、私の肩を持ってくれました。
    が、まあ70オーバージジババ連れの家族8人で、カナダ経由のキューバは現実的ではないかと引き下がり、20年ぶりくらいにハワイ行ってきました。

     

    でも、どうせ大人数で10日も滞在するのだからと思い、ワイキキのホテルは止め、気合を出して、プール付きの豪邸を借りてみました!
    ベッドルームも4つあって、各部屋にジャグジー付きバスルームアリ!
    写真で見るかぎり、冗談みたいなロケーションの大豪邸なんですが、見てがっかりしないようにと、テンションを下げて行きましたが、ホンキで凄くて、カンゲキしました!
    家族にもいまだに喜ばれ、いや〜我を通さないで良かった。

     

    とまあ、なんの問題もない休暇だったのですが、その後クレジットカードの請求に、ハワイ帰国後の日付に、5ドルという、不思議な請求が…。
    5ドルだしなぁ〜と思いつつも、確実にハワイには滞在していない日付だったので、カード会社に問い合わせると、コインロッカーの使用料だと言う。
    その日にはすでに帰国していると伝えると、カードの不正利用の可能性があるので、今すぐカード番号を変更しますとのこと。
    で、各社登録済みのカードが急に使えなくなり、あっちもこっちも支払いが止まり、変更が追いつかず、別途請求書が来たり、たった5ドルで、エライ目にあいました。
    でも、放置して後々数100万単位で使われたらシャレにならないので、しょうがなかったかと…。ぐすん。
    いまだ忘れた頃に、カード使えませんと言われてます。

     

    手前には総大理石のアイランドキッチン、これでもかっていうフル装備。バーカウンターに、冷蔵庫はダブルオープンの業務用。欲しい!〔うちのキッチンには入らんが…〕

     

    広いテラスではバーベキューをしたり、ごろごろ横になって小説を読んだり。

     

    ホテルじゃないから、プールの水って、だんだん汚くならないのかなぁと心配したが、循環しているのか、恐ろしくキレイなままで、時々お掃除の人が落ち葉をすくってくれていました。

     

    夕日が目の前のダイヤモンドヘッドに沈みます。

     

    サーファーズパラダイスなだけあって、いまいち潜る気にはなれず。〔バリでは海の中で吹っ飛ばされたし〕

    そして旅行にまったく興味のない実弟が、直前にハワイだと知ると、わしは行けんのかと言い出す。

    真冬でも真っ黒に日焼けし、台風の日には仕事を休み、トラックにボードを積み込み海に駆けつけるサーファーだからか。

    そうか、ハワイなら行きたかったのか…。

    まさか私がハワイに行くとは思わなかったらしい。


    フィンランドで夏休み。

    0

      今年の夏休みは、テロが恐くてヨーロッパに行く気になれず、暑いところに行く気力もないということで、直行便があって気軽に行けるフィンランドへ。

      滞在したのは、ヘルシンキ郊外の森の中の、別荘地にあるサマーハウス風ホテル。

      2ベッドルームで予約をしたら、ホテル練ではなくコテージで、フルキッチンにリビング、囲われた広い庭がついていたので、洗濯物を庭に干せ、とても便利でした。食器洗い機なんか、私ごと入れそうなくらいデカイ。ほしい。 

      まあそんなところで、ぶらぶら散歩したり飲んだくれたりして、相変わらずごろごろしてリフレッシュしてきました。

      しかし、北欧って凄いね。

      水道水は、確実に日本より美味しいし、安全だし、順番は適当にならんでいても、割り込んだりしないでちゃんと待つし。 

      地下鉄なんか、改札がない!!

      でも、チケットを買う。

      駅でチケットを買ったら、1時間半くらい、電車もバスも乗り放題で、買ったチケットはお財布に入れっぱなし。 印刷されたリミット時間が過ぎていたら、また帰りもチケットを買います。 結局、滞在中一度も誰にもチケットをチェックされることはなかった…。

      それでも、みんなちゃんと買っているから、改札なくても成り立っているんだろうなと、民度の高さにちょっと衝撃を受けたよ。 そうじゃなければ、システムは変更されているはず。

      それから、みんなリヤカーのようなベビーカーを引いていて、もちろんバスも電車もベビーカーは畳まず、持ち上げることもなく乗れる。 が、それにしてもどこに行っても、ベビーカーだらけで、生まれたばかりみたいな子まで、遊園地に連れてきてたりする。 遊園地の、ちっちゃい子も乗れるアトラクションは、ベビーカーの行列で、乗り場脇は、ベビーカーポートと化している。

      5日くらいたってから知ったのだが、電車代、もちろん6歳以下は無料だが、ベビーカーを押している大人もタダなのだ!!  ガーン、知らなんだ。 きっと赤ちゃん達は、無料チケット代わりに、連れまわされているに違いない…笑


      フィンランドで夏休み・つづき

      0

        美味しいレストランがあると聞き、貰った地図を片手に、遊歩道を歩いて向かう。

         

        モダンなものから、トラディショナルなサマーハウスまで、高そうな別荘が建ち並び、真夏なのに涼しくて、散歩にはとてもいい。

         

        が、途中こうゆう別れ道で、アバウトな地図を頼りに道を択ぶと、なぜか毎回海に出てしまう。そんなことを繰り返しているうちに、気付くと森の中で迷子に!

        カンゼンに方向が分からなくなり、まさかのグーグルに助けられました…。

         

        やっと見えた海水浴場。レストランは、この前の公園にありました。

        ここまで引っ張っておいて、レストランの写真がない。魚おいしかったのに、それも撮ってないし。

         

        こちらはホテルのビーチ。

        フィンランド人や子供は、信じられない水温をものともせず、茹でる前の生ウインナーのような体で、海に入ってます。南国ビーチリゾートに慣れた体では凍死するので、ガラパゴス海イグアナのように、べたーっと寝転んで日光浴。

         

        ホテルのテラス。

        夜中になっても日が沈まないので、だいたい夕飯は外のテラスでぐだぐだ飲みながら過ごす。見た目がかなり創作的でキレイな料理ばっかりだったのに、またしても一枚も写真がない。がーん。↑これでも、夜。

         

        せっかくなので、ヘルシンキ市内をうろうろして、大聖堂を発見。

        別荘地では、日本人どころか、アジア人自体いなかったのだが、ここでやっと大量にバスから降りてくる中国人団体客と遭遇。きっと、私達も中国人と思われていたに違いない。

        海外に行けば、昔は絶対に日本人だと思われたが、今ではまず中国人→韓国人→日本人の順だ。 最近間違われて、ちょっと嬉しかったのは、スイス人・笑 「ええっ日本人?! スイス人だと思った」と驚かれ、こっちが驚いたよ。

        ちなみに、まったく出会わなかった日本人。 唯一遭遇したのが、マリメッコ。 店内のお客の半分が日本人でした・笑  日本人ホイホイか?!  しかし、唯一行ったタックスリファウンド店なのに、パスポートを忘れ、24%もの税金を払う…。がくっ

         

        そのまま歩いて港まで出る。

        建物沿いはカフェやバーで、右側の港には市場や屋台が並び〔これも撮ってないし〕、バルト海クルーズのシリアラインも停泊しています。 屋台では、テーブルにビールもあって、なかなかいい街歩きが出来ました。


        | 1/2PAGES | >>