フィンランドで夏休み・つづき

0

    美味しいレストランがあると聞き、貰った地図を片手に、遊歩道を歩いて向かう。

     

    モダンなものから、トラディショナルなサマーハウスまで、高そうな別荘が建ち並び、真夏なのに涼しくて、散歩にはとてもいい。

     

    が、途中こうゆう別れ道で、アバウトな地図を頼りに道を択ぶと、なぜか毎回海に出てしまう。そんなことを繰り返しているうちに、気付くと森の中で迷子に!

    カンゼンに方向が分からなくなり、まさかのグーグルに助けられました…。

     

    やっと見えた海水浴場。レストランは、この前の公園にありました。

    ここまで引っ張っておいて、レストランの写真がない。魚おいしかったのに、それも撮ってないし。

     

    こちらはホテルのビーチ。

    フィンランド人や子供は、信じられない水温をものともせず、茹でる前の生ウインナーのような体で、海に入ってます。南国ビーチリゾートに慣れた体では凍死するので、ガラパゴス海イグアナのように、べたーっと寝転んで日光浴。

     

    ホテルのテラス。

    夜中になっても日が沈まないので、だいたい夕飯は外のテラスでぐだぐだ飲みながら過ごす。見た目がかなり創作的でキレイな料理ばっかりだったのに、またしても一枚も写真がない。がーん。↑これでも、夜。

     

    せっかくなので、ヘルシンキ市内をうろうろして、大聖堂を発見。

    別荘地では、日本人どころか、アジア人自体いなかったのだが、ここでやっと大量にバスから降りてくる中国人団体客と遭遇。きっと、私達も中国人と思われていたに違いない。

    海外に行けば、昔は絶対に日本人だと思われたが、今ではまず中国人→韓国人→日本人の順だ。 最近間違われて、ちょっと嬉しかったのは、スイス人・笑 「ええっ日本人?! スイス人だと思った」と驚かれ、こっちが驚いたよ。

    ちなみに、まったく出会わなかった日本人。 唯一遭遇したのが、マリメッコ。 店内のお客の半分が日本人でした・笑  日本人ホイホイか?!  しかし、唯一行ったタックスリファウンド店なのに、パスポートを忘れ、24%もの税金を払う…。がくっ

     

    そのまま歩いて港まで出る。

    建物沿いはカフェやバーで、右側の港には市場や屋台が並び〔これも撮ってないし〕、バルト海クルーズのシリアラインも停泊しています。 屋台では、テーブルにビールもあって、なかなかいい街歩きが出来ました。


    台湾食い倒れ

    0
      ただいま「VANILLA27」の製作中ですが、気分転換に台湾、食い倒れ行ってきました!

      というのも、いつもは潜りに行くマイバディが、マイレージの期限が〜と悲鳴をあげたため、急遽、私のもヤバかったので、マイレージ消費で、とりあえず近場に。

      前回行って、なかなか良かったイ九分に今回も泊まり、貝だの肉だの屋台で買い込み、持ち込んだスパークリングワインで、部屋から東シナ海を眺めつつ、宴会ですよvv

      やはり、マイバディとの旅が一番楽しい。
      かなり、B級なところまで攻められるから・笑

      そして、からすみだの、XOジャンだの、しこたま買い込み、帰国したのでした。
      ではでは、5月頃には「27」夏には「28」を出せるようにガンバリマス!


      前回は、ゴールデンウィーク開けの平日だったのに比べ、
      今回は春休み中の日曜だったせいか、歩くのもままならない
      人の多さにびっくりしました。


      あまりにも人が多いので、目的の場所に向かうのに、裏道に脱出。
      とんでもない階段です。
      グアムのグロットを思い出す。
      が、タンクを背負ってないだけましか。


      九重町の5階に宿泊。部屋のバルコニーからの景色。
      もちろん5階まで、エレベーターがなく、スーツケースを自力であげる。
      眺めは「日光〜」の方がお薦めかなぁ・苦笑


      台北では、龍山寺あたりでぐだぐだしようと思っていたので、
      西門の駅近ホテルを押さえてみた。
      思ったより、良くて快適でした。
      周りには、美容室もたくさんあるので、シャンプーに困らないし。


      龍山寺近くの夜市。カニ、ウマイーvv
      マッサージも、この辺が一番安いです。
       

      地中海クルーズ

      0
        しばらく留守にしていましたが、帰国しました!
        お待たせしました。
        通販の発送はすませましたので、そろそろ届くと思います。

        うちの両親もかなり高齢になってきたので、先延ばし厳禁をスローガンに、両親家族・総勢8名で、地中海・エーゲ海・アドリア海クルーズ、行ってまいりました。

        とにかく、ベニスから出航にこだわって船を選び、イタリア・アルベロベッロ→ギリシャ・カタコロン→サントリーニ島→アテネ→コルフ島→モンテネグロ・コトルを回ったのですが、天候にも恵まれ、ヨーロッパは目の保養になる風景が多くて、癒されました。
        真夏だと、両親的に暑すぎて辛いかと思い、秋にしたので、雨に降られたら嫌だなあと、心配していたので、本当に良い気候で、良かったです。
        やはり船旅の良いところは、夜中はカジノやショーを毎晩楽しんでも、翌日には次の港に着くので、移動のために時間を用意しなくても良いところです。
        アジアの船旅だと、結構寄港地に着いても、下船しないで船の中で遊んでいたりすることが多いのですが、さすがに今回ばかりは毎日、下船してうろうろしましたよ。
        1つ心残りがあるとすれば、お土産なんか買っても、的が外れていたり、美味しくなかったりして迷惑だろうから、あまり買わないように気をつけているのですが、ちょこちょこ買ってきたものが、どれもこれも美味しくて、もっと買ってくれば良かったと、初めて後悔しました。

        帰国後事務処理に終われ、だんだん青ざめてきました。
        冬コミ、落とさないようにガンバリマス。
        思ったほど、日にちがなくて、怖いです・泣

        サントリーニ
        サントリーニ島
        子供の頃の憧れの島。
        次々と、豪華客船が入ってきます。
        町は崖の上にあるので、港から、ロバかケーブルカーで上ります。
        ……次々と船が寄港します。
        ケーブルカーの列、ハンパないです。
        今度行くなら、ミコノス島にしておこうと、心の底から思いました・苦笑
        サントリーニ夕日
        サントリーニの夕日

        コルフ
        コルフ島
        ここは、夏に是非バカンスで訪れたい!!
        城砦のあるとてもキレイな町で、ビーチも良いvv

        モンテネグロ
        モンテネグロ・コトルの港
        モンテネグロ
        崖と壁に囲まれたケルキラ旧市街
        この川下が、すぐ大型客船がつく港なんですが、信じられないくらい水がキレイです。まるで、上流。
        川崎の河口を見慣れた私には、海の手前の川がこんなにきれいだなんて、信じられない。
        モンテネグロ
        コトルも、とにかくキレイで、癒されます。 ああ〜、バカンスに行きたい。
        ベニス
        ベネチアに戻ってきました。
        パンを持って甲板に出ると、かもめに強奪されまくりです。

        サンマルコ広場
        乗船日は、ちょうどベネチアのマラソン大会で、サンマルコ広場もその周りも、
        専用レーンを作ったり、交通規制をしたり、歩けないほどの人混みでした。
        が、なんて静かなんだ…。

        ミラノ・びとん
        おまけ・笑

        << | 2/2PAGES |